出会い系サイトは、日頃から異性と出会う機会が無いという方や目的や条件に合ったパートナーを見つけたいという方にとって、大変画期的なサービスとなっています。

しかし、一方で悪質な出会い系サイトによる詐欺行為は後を絶たず、期待に胸を膨らませて参加した異性との出会いの場が詐欺被害の場になってしまったという事例も少なくありません。

詐欺を目的とした悪質な出会い系サイトの典型的なものといえば「サクラサイト」が挙げられますが、サクラサイト以外にも高圧的に料金を騙し取る架空請求や不当請求を行うサイトも数多く存在しているので注意が必要です。

ここでは、出会い系サイトを装って利用者から料金を騙し取る「サクラサイト」と「架空請求・不当請求」についてまとめています。

無くならない出会い系サイトでの詐欺被害

出会い系サイトがネット上に登場して20年以上経った今でも、悪質な出会い系サイトによる詐欺被害が頻発しているのは何故でしょう?

実は、詐欺被害が頻発する要因には利用者側の心理的なものが大きく影響しているのです。

たとえば、出会い系サイトを利用する人の心理を考えてみると「異性と出会いたい一心でお金を注ぎ込んでしまう」「後ろめたい思いから被害届を出さない」「家族や周囲に知られたくない」「金額によっては支払って丸く収めたい」といったことが考えられます。

こういった利用者の心理が被害届を出さないという状況を生み、その結果第二・第三の被害者へと拡大していくのです。

それでは、「サクラサイト」と「架空請求・不当請求」について具体的に見ていきましょう。

サクラサイトとは

サクラサイトとは、サイト側の人間が相手会員になりすましてメールのやり取りなどを通して故意に課金させたり、有料のコンテンツに誘導するなどして料金を騙し取るサイトのことです。

サクラになる人間はおもにサイト側が雇ったアルバイトで構成されており、顔の見えないメールでのやり取りということで男女を問わず雇っているので、男性会員がやり取りしている相手が男性のアルバイトということも珍しくありません。

手口や騙しやすさからサクラサイトはポイント制の出会い系サイトに多いとされていますが、無料の出会い系サイトでも提携する悪質な有料のサイトへ誘導するサクラがいますので注意が必要です。

サクラの見極め方

サクラの見極め方…と書きましたが、出会い系サイトでは相手の顔が見えるわけではありませんし、いまだにサクラに騙され高額な料金を騙し取られる人がいるくらいですから、騙しのテクニックがいかに巧妙になっているかが伺い知れます。

つまり、相手(サクラ)によっては見極めは非常に困難で、気づいた頃にはすでにいくらかの料金を騙し取られていた…なんてことも少なくないのです。

ただ、昔から言われるように都合良く女性の方からアプローチしてきたりとか、会ってくれるだけでお金をあげる…みたいに気持ち悪いほどに甘い誘惑には気をつけた方が良いでしょう。

サクラの対処法

もし、出会い系サイトでやり取りしている相手がサクラだとわかったら、ヘタに相手を刺激することなく即退会手続きを取りましょう。

サイトによっては一般の会員のなかに極少数のサクラを忍ばせている場合もありますが、利用者からしてみればひとりでもサクラがいればそのサイトはサクラサイトですから利用価値はありません。

サクラサイトに登録しないようにするには、ポイントの購入価格が高く消費ポイント数の大きいサイトは利用しないことです。

サクラサイトの目的は利用者から料金を騙し取ることですから、効率よく騙し取るために料金や消費ポイントを高く設定しているのです。

ちなみに、当サイトで紹介しているポイント制の出会い系サイトは、いずれもポイントの購入価格は安価で消費ポイント数も少ないのでサクラの心配はありません。

架空請求と不当請求

架空請求と不当請求、いずれも同じようなものに思えますが内容は若干違ってきます。

内容に若干の違いがあればその対処法にも若干の違いが生じてきますので、改めて内容を確認しておきましょう。

架空請求とは

架空請求とは、実際には契約していないのにあたかも契約したかのように見せかけて商品やサービスの料金を騙し取る詐欺の手法です。

出会い系サイトでいえば、実際には利用していない機能やサービスをあたかも利用したかのように見せかけて料金を騙し取られる形になります。

架空請求の対処法

架空請求の対処法は、一般的にもよく言われているように無視をすることです。

出会い系サイトの場合、架空請求は登録したメールアドレス宛に送られてくるようになるので、登録するアドレスは捨てアド(フリーメールアドレス)を利用することをおすすめします。

決してプライベートのメールアドレスや電話を使って問い合わせをしてはいけません。

ヘタに相手とコンタクトを取ってしまうと個人情報を相手に知られることになり、益々請求が激化する可能性があります。

もし、相手に氏名や住所・電話番号が知られてしまい請求が過激になってきたら、警察や各自治体の消費者センターへ相談するようにしましょう。

不当請求とは

不当請求とは、実際に契約はしたものの契約の内容とは異なる請求を一方的に行い料金を騙し取る詐欺の手法です。

出会い系サイトでいえば、実際に機能やサービスは利用したものの事前に契約した(提示された)金額ではない法外な料金を一方的に請求される形になります。

不当請求の対処法

不当請求の場合も基本的には無視をすることが対処法になりますが、不当請求の場合は実際に自分が契約したあるいは利用した事実があるだけに、実際の料金や不当な請求との差額を確認する必要があります。

無視をしていても一方的な不当請求が続く場合は、やはり警察や消費者センターへ相談するようにしましょう。