出会い系サイト規正法

出会い系サイト規正法の正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」、といいます。

ずいぶん長い名前ですね。

制定されたのは平成15年ですが、一部が改正されて平成20年から新たに施行されました。

改正の理由は、出会い系サイト業者に対する規制を強くするためです。

出会い系サイトに関する犯罪増加したので、それを防止する目的です。

児童、とあるので18歳未満が対象ということです。

この改正で、本人確認が義務づけされました。

また、掲示板に児童に向けて援助交際の書き込みをしたら、それだけでこの法律の対象になり懲役や罰金が課せられます。

逆援助でもまた然りです。

「サポ」や「マソ」などのような隠語でも処罰の対象になり得ますのでふざけ半分でも、そのような書き込みはしないでください。

実際に、掲示板に「中学生サポします。ユキチ3枚。」という書き込みや「13歳以下で会える子探してます。

場合によっては高額出します」といった投稿をして逮捕された事例もあります。

援助交際は、相手が18歳以上でも以下でも基本的に犯罪ですので絶対にしてはいけません。

女性側からの援助交際相手募集の書き込みも完全無視してください。

逮捕されなくても、乗せられてOKの返事をしたら「出会い系規正法に違反している。訴えられたくなければ金を出せ。」と脅されるケースもあります。

出会い系サイトの事業者側にも様々な規制が敷かれており、18歳確認ボタンの設置などが義務図けられています。

利用者としては、とにかく18歳未満の児童にはどのような形でも関わらないということが大事です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ