出会いのプロセス

出会い系サイトの出会いに限らず、相手に会うまでの時間のやりとりほどドキドキするものはないですよね。

出会い系サイトでの出会えるまでのメールの積み重ねは二人のプロセスになるわけですが、この感じは片思いの状態に似ていませんか?

友達の二人が距離を縮めていく感じほど甘いやり取りにはならないと思いますが、出会い系サイトの出会いもそれに似たドキドキ感を味わえるのではないでしょうか。

会うように仕向けていくメールの言葉選びにも慎重になったり、メールを送信する前に文章を何度もチェックしてみたり、返事をくれるかどうかそわそわドキドキしながら待つというのは、まるで片思いの最高潮の盛り上がり具合と同じですよね。

この時が実は一番楽しいのかもしれません。

この最高潮の思いが、実際会った後、続くかは微妙ですよね。

会う前と会った後ではお互い印象も違ってくるでしょうし、その後の会話も変わってきます。

会う前の微妙な距離感は二度と味わえないですよね。

相手に興味と好意を持ってもらいたい一心でタイミングを計りながら送ったメールは、実際会ってからは同じように送るエネルギーはたぶん持ち合わせていないのが普通の人だと思います。

会った後、「メールの内容が薄い」だとか「態度が変わった」だとか言われることもあるでしょう。

避けたいことでもありますが、仕方ないですよね。

結構頑張っていたわけですから無理があります。

通常の恋だってそうなんですから。

釣った魚には・・・って言いますが、いろいろなものを手に入れるプロセスが実は一番楽しいものなのです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ